金陵電機株式会社 分析営業部

原子吸光分光光度計

高い品質と信頼性を誇る 原子吸光分光光度計

製品概要

Agilent AAシステム
アジレントは1957年に世界初の原子吸光分光光度計を製品化して依頼、60年にわたりさまざまな技術革新で、金属元素分析業界の発展に貢献してきました。生産性が高く、柔軟性があり、高い信頼性を備えたアジレントの原子吸光分光光度計は、原子スペクトル装置のリーディングカンパニーとして世界中の研究者から高い評価をいただいております。
フレーム原子吸光においては、世界最速のファーストシーケンシャル機能を使うことで、各サンプル1回の分析で指定した全元素を連続分析することが可能です。測定時間を従来の半分に削減することで、ラボの生産性が飛躍的に向上します。
ファーネス原子吸光(フレームレス原子吸光)においては、交流ゼーマン補正による高精度なバックグラウンド補正と高い堅牢製を備えたハードウェアにより、優れた感度と正確な測定を実現します。幅広いラインアップの製品から、お客様のラボに最適な装置を提供することをお約束します。

概算価格

330万円~

関連情報

原子吸光分光光度計に関するお問い合わせ

製品名
お問い合わせ項目
お名前 必須
ふりがな
メールアドレス 必須
会社名 必須
部署名
ご住所
お電話番号
FAX番号
その他ご質問など