INSTRUMENT

計測器を探す

パワーセンサ

USBピークパワーセンサ

MA24400Aシリーズ(50MHz~6GHz/8GHz/18GHz/40GHz)

広帯域変調信号や10 ns狭パルスのピーク電力や立ち上がり時間も高確度で測定可能

  • 6、8、18、40 GHzモデル
  • 連続100 MS/秒および有効サンプリングレート10 GS/秒
  • 毎秒100,000計測
  • 最大VBW 195 MHzでの立ち上がりは3 ns
  • 立ち上がり/立ち下がりエッジ測定時間分解能:100 ps
  • フルパルスプロファイル
  • クレストファクタ、CCDF、および統計的測定

 

※MA24400シリーズは合計6モデルあり、周波数、測定パワー範囲、VBWフィルタ帯域幅が異なり、ニーズに合わせて選択できます。

USBパワーセンサー

MA24105A/MA24106A/MA24108A/MA24118A/MA24126A

PCやハンドヘルド測定器に接続可能

  • 周波数範囲:350MHz~4GHz ( MA24105A、通過型)
                           50MHz~6GHz (MA24106A)
                           10MHz~8GHz (MA24108A)
                           10MHz~18GHz (MA24118A)
                           10MHz~26GHz (MA24126A)
  • 内部/外部トリガ機能により、バーストの平均パワー測定
  • 低消費電力駆動(100 mA、typ.)のセンサ
  • サーマルセンサと同じTrueRMS測定が可能
  • 広ダイナミックレンジ: –40~+20 dBm(MA24108A/18A/26A)、2 mW~150 W(MA24105A)

※PCまたはハンドヘルド製品に接続して、手軽に電力測定が可能なパワーメータです。

MA245xxA Power Master™ 周波数選択式パワーアナライザ

MA24507A/MA24510A

周波数選択可能なミリ波パワーアナライザで信号のRFパワーを測定

・周波数範囲:9kHz~70GHz/110GHz

・レベル範囲:-90dBm~+10dBm

・-90 dBmまでの微弱信号を測定できるすぐれた感度特性

・特に伝搬損失が大きいミリ波信号の無線試験ですぐれた性能を発揮

・ユーザー設定により測定スピードとノイズフロアの制御が可能

・同時に最大6つの周波数チャネルを監視できるPowerXpertのChannel Monitor mode

・1つの周波数範囲の中で最大6つの信号をサーチできるPowerXpertのPower Hunter mode

・オンウエハ試験用プローブへの直接接続を可能にするマウントホール

マイクロ波USBセンサ

MA24200A/MA24300Aシリーズ 10 MHz~8 GHz/18 GHz(ユニバーサル)、10 MHz~33 GHz/40 GHz/50 GHz(CW)

PCやハンドヘルド測定器に接続可能

・広ダイナミックレンジ

 –60~+20 dBm(MA24200Aシリーズ)

 –70~+20 dBm(MA24300Aシリーズ)

・電力測定

 サーマルセンサと同じTrueRMS測定(MA24200Aシリーズ)

 CW平均電力パワー測定(MA24300Aシリーズ)

・高速測定

 >1600回/秒(連続モード)(MA24200Aシリーズ)

 >2100回/秒(連続モード)(MA24300Aシリーズ)

・ゼロ調整不要

※PCまたはアンリツ製ハンドヘルド測定器に接続して、手軽に電力測定ができます。

通過型ピークパワーセンサ

MA24105A

コンパクト、高確度、独立型、RF電力測定のニーズに応える通過型ピークパワーセンサ

  • 広帯域周波数範囲 (350MHz~4GHz)
  • LTE、WCDMA/HSDPA、CDMA/EV-DO、WiMAX、TD-SCDMA などのすべての主要な移動体通信
  • および通信周波数帯域をカバー
  • 順方向・逆方向測定
  • 広ダイナミックレンジの通過型ピークパワーセンサ
  • True-RMS 測定 (~150W)
  • スタンドアロン、低コスト、PC などに接続してすぐに使用可能
  • 高クレストファクタ信号の測定に理想的

 

通過型ピークパワーセンサ MA24105Aは、350 MHz~4 GHz、2 mW~150 Wの正確な平均パワー測定用に設計されました。

このセンサは、“デュアルパス” アーキテクチャが採用され、この全帯域において真のRMS測定を可能にすると共に、CW、マルチトーンやW-CDMA、CDMA/EVDO、WiMAXなどのディジタル変調信号にも対応します。